学生募集要項(博士前期・博士後期)

2018年4月入学 博士前期課程 【2年制】<特待生選抜> 入試概要

特待生制度趣旨

情報セキュリティ大学院大学特待生制度は、人物、学業成績が特に優秀であり、自立心と向上心が旺盛な情報セキュリティ研究科博士前期課程[2年制]入学志願者(※)の中から特待生選抜試験に合格した者に対し、授業料等の減免を行う制度です。
(※4年制大学等卒業見込み者に限ります。出願資格の詳細については、募集要項にてご確認ください)

選考日程概要

出願期間試験日合格発表日
2017年6月14日(水)~2017年6月28日(水)【必着】 [1次選考] 2017年7月5日(水) [1次選考] 2017年7月8日(土)
[2次選考] ※
2017年7月11日(火)~13日(木)
[2次選考] 2017年7月15日(土)

※1次選考合格者に対して、個別に指定日時を通知します。

募集人数

専攻名募集人数標準修業年限コース
情報セキュリティ専攻 若干名 2年 ・数理科学コース
・サイバーセキュリティとガバナンスコース
・システムデザインコース
・セキュリティ/リスクマネジメントコース

博士前期課程【2年制】修了要件(以下の3つの条件をすべて満たすこと)

  1. 修業年数:2年以上※教授会が優れた研究業績を上げたと認めた者については1年以上
  2. 所要単位数:30単位以上▼【別表】を参照のこと
  3. 修士論文審査および最終試験

初年度学費

特待生I 300,000円(入学金 300,000円、授業料 免除、施設設備費 免除、実習費 免除 ※入学金以外、全額免除)
・特待生Iは原則として2年次の学費も全額免除となりますが、1年次の学業成績が一定基準に達することが条件となります。
特待生II 900,000円(入学金 300,000円、授業料 500,000円、施設設備費 75,000円、実習費 25,000円 ※入学金以外、半額免除)
・特待生IIは原則として2年次の学費も半額免除となりますが、1年次の学業成績が一定基準に達することが条件となります。

選抜方法

1次選考と2次選考の結果によって選抜します。

1次選考
[試験日:2017年7月5日(水)]
筆記試験、面接、および、学業成績、志望理由書等出願書類審査を総合し、特待生Iと特待生IIを選抜する。なお、1次選考の結果、特待生として選抜されなかった受験生のうち一般選抜合格者と同等以上の学力を有すると認められた者は一般合格として入学を認める。また、1次選考合格者は2次選考の結果如何にかかわらず、一般選抜合格者としての資格を有する。
2次選考
[試験日:2017年7月11日(火)~13日(木)の間で個別に指定]
1次選考合格者を対象に、特待生としての出願動機や本学での抱負等についての確認を中心に面接選考を実施する。

1次選考筆記試験過去問:ご参考

過年度特待生選抜筆記試験問題の公開について

本学が実施した情報セキュリティ研究科(博士前期課程)情報セキュリティ専攻<特待生選抜>の1次選考試験問題を公開しています。以下からPDFファイルをダウンロードできます。なお、これらの試験問題はあくまで参考としてご活用ください。

特待生選抜1次選考筆記試験問題 ※試験問題の無断転載を禁じます

学生募集要項・出願書類書式等

学生募集要項および願書等の出願に必要な書式等をダウンロードできます。
必要な書式等をプリントアウトして出願書類を作成してください。

別表

         
科目区分授業科目名履修区分 単位数 博士前期課程
修了所要単位数(2年制)
専攻 情報セキュリティ輪講I 必修2 24
情報セキュリティ特別講義 必修2
暗号・認証と社会制度 選択2
暗号プロトコル 選択2
アルゴリズム基礎 選択2
数論基礎 選択2
暗号理論 選択2
計算代数 選択2
個人識別とプライバシー保護 選択2
インターネットテクノロジ 選択2
不正アクセス技法 選択2
ネットワークシステム設計・運用管理 選択2
セキュアシステム構成論 選択2
情報デバイス技術 選択2
情報システム構成論 選択2
オペレーティングシステム 選択2
セキュアプログラミングとセキュアOS 選択2
プログラミング 選択2
ソフトウェア構成論 選択2
セキュアシステム実習 選択2
情報セキュリティマネジメントシステム 選択2
セキュリティシステム監査 選択2
セキュリティ管理と経営 選択2
リスクマネジメント 選択2
組織行動と情報セキュリティ 選択2
統計的方法論 選択2
統計的リスク管理 選択2
リスクの経済学 選択2
Presentations for Professionals 選択2
マスメディアとリスク管理 選択2
セキュア法制と情報倫理 選択2
法学基礎 選択2
知的財産制度 選択2
国際標準とガイドライン 選択2
セキュリティの法律実務 選択2
情報セキュリティ輪講II 選択2
特設講義 選択2
特設実習 選択2
研究指導 研究指導 必修6 6
プロジェクト研究指導 必修 4 -
博士専門 情報セキュリティ特別研究 必修6 -
情報セキュリティ博士演習 必修2
情報セキュリティ技術特論 選択2
情報セキュリティ管理特論 選択2
30