担当科目

セキュリティの法律実務

プロフィール

虎ノ門南法律事務所所属弁護士。
東京大学法学部卒業。Washington University inSt.LouisにてLL.M.取得。
知的財産権、IT関連、渉外法務等を中心に業務を行う。一般社団法人モバイルコンテンツ審査・運用監視機構事務局長常任理事。最高裁司法研修所刑事弁護教官(2012-2015)

担当科目

知的財産制度

プロフィール

東京理科大学専門職大学院教授
1982年東京理科大学薬学部卒業、経済産業省特許庁入庁、審査第三部審査官、審判部審判官を経て、97年審判部書記課長補佐、03年特許審査第二部上席総括審査官(室長)、同年10月政策研究大学院大学助教授、05年東京理科大学専門職大学院教授、現在に至る。現在、内閣官房IT戦略本部農林水産部会委員、総務省独立行政法人評価委員会情報通信・宇宙開発分科会委員、農林水産 技術会議専門委員、経済産業省 関東経済産業局・広域関東圏知的財産戦略本部員などを務める。

担当科目

ネットワークシステム設計・運用管理、インターネットテクノロジ

プロフィール

東京理科大学専門職大学院教授
中央大学理工学部電気工学科卒業。博士(工学)。NTTサービスインテグレーション基盤研究所主幹研究員として、研究成果のビジネス化の促進、情報通信サービス品質の評価設計に従事。2004年4月より本学教授。2017年4月より本学客員教授。

担当科目

セキュアプログラミングとセキュアOS

プロフィール

東京大学情報基盤センター 情報メディア教育研究部門教授
1983年京都大学理学研究科数理解析専攻修士課程修了。東京工業大学助手、龍谷大学講師、東京工業大学助教授、同教授を経て2008年4月より現職。専門はソフトウェアセキュリティ、プログラミング言語、ユーザインタフェースソフトウェア。理学博士(1991年、東京大学)。

担当科目

組織行動と情報セキュリティ

プロフィール

横浜国立大学大学院環境情報研究院教授
1984年東京大学大学院経済学研究科博士課程単位取得退学。横浜国立大学経営学部講師・助教授、横浜国立大学大学院環境情報研究院助教授を経て、2005年より現職。専門は経営学。

担当科目

国際標準とガイドライン

プロフィール

情報セキュリティ大学院大学 セキュアシステム研究所 客員研究員
1966年早稲田大学第一理工学部電気工学科卒業。日本無線株式会社電子計算機課、日本アイ・ビー・エム株式会社製品開発研究所、標準部門などを経て、2005年より情報セキュリティ大学院大学客員研究員。
専門分野は、情報セキュリティ標準化、および標準と知財。
2010年よりISO/IEC JTC1/SC27/WG2 の Vice-Convenor に就任。2013年に情報セキュリティ分野の標準化活動に対して経済産業大臣表彰を受賞。

担当科目

セキュアシステム構成論

プロフィール

株式会社情報技研 代表取締役社長
東京工業大学工学部情報工学科卒業、東京大学大学院工学系研究科情報工学専攻修了。博士(工学)。株式会社インターネット総合研究所を経て、 株式会社情報技研を設立。業務では、ICTシステムおよび情報セキュリティに関するコンサルティングはじめ、各種ICTシステムの提案、開発、構築業務に携わる。研究テーマは、セキュアシステム基盤、セキュアシステム構成、著作権情報管理、メディア処理等。電子情報通信学会 ヒューマンコミュニケーショングループ 食メディア研究会専門委員。

担当科目

統計的リスク管理、リスクの経済学

プロフィール

東京大学教養学部教養学科卒業、東京大学大学院経済学研究科修士課程修了。 東京大学教養学部助手、同助教授、ハーバード大学イェンチン研究所客員研究員等を経て、 1989年東京大学教授(先端科学技術研究センター)、1995年より2009年3月まで同(大学院総合文化研究科・教養学部)。2009年4月情報セキュリティ大学院大学教授に就任。2012年4月より特任(専任)教授として博士後期課程学生の指導を主に担当。日本学術会議19期会員、20~21期・23期連携会員。2007年10月~2015年9月 内閣府統計委員会委員。2017年4月より本学客員教授。

担当科目

リスクマネジメント

プロフィール

筑波大学客員教授 富士ゼロックス株式会社パートナー GLOCOM客員研究員
MIT科学技術政策大学院修士課程修了。東京工業大学大学院博士課程修了。博士(工学)。
専門は経営と情報通信技術、リスクマネジメント。経営コミュニケーション。

担当科目

セキュリティシステム監査

プロフィール

日本大学商学部・大学院商学研究科教授
カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)客員研究員を経て現職。商学博士。
現在、システム監査学会理事、日本監査研究学会常務理事、日本内部統制学会理事、情報処理技術者試験委員、金融庁・行政事業レビュー有識者会議メンバーなどを兼任。
『ITのリスク・統制・監査』(同文舘出版、2009年、編著)『IT保証の概念フレームワーク―ITリスクからのアプローチ』(森山書店、2006年)、『システム監査の理論』(白桃書房、1993年)他、著書多数。

担当科目

セキュリティシステム監査

プロフィール

公認会計士、情報システム監査人(CISA)
デロイト トーマツ リスクサービス株式会社 代表取締役社長
デロイト トーマツ サイバーセキュリティ先端研究所 所長 兼務
1992年監査法人トーマツ(現 有限責任監査法人トーマツ)入社。
1998年より2000年までDeloitteのデトロイト事務所に勤務。
製造業グループ他米国企業のシステム監査を実施。帰国後、リスクマネジメント、コンプライアンス、情報セキュリティ、個人情報保護関連の監査及びコンサルティングに従事。
経済産業省の情報セキュリティ監査研究会、情報セキュリティ総合戦略策定委員会、個人情報保護法ガイドライン策定委員会他、国土交通省、厚生労働省の情報セキュリティ関連の委員会等の委員、日本情報処理開発協会ISMS技術専門部会等の委員を歴任。
2012年3月末まで内閣官房情報セキュリティセンター情報セキュリティ指導官。

担当科目

不正アクセス技法

プロフィール

神戸大学大学院工学研究科教授
1989年大阪大学大学院工学研究科博士後期課程通信工学専攻修了、工学博士。愛媛大学助教授、徳島大学工学部教授などを経て、2005年神戸大学工学部電気電子工学科教授。2007年より現職。現在、マルチメディア情報通信工学、ネットワークセキュリティ、情報理論、暗号理論等の研究、教育に従事。

担当科目

特設実習(セキュリティ実践Ⅰ Ⅱ)

プロフィール

1984年、京都大学大学院工学研究科情報工学専攻修士課程修了。
NTT研究所にて計算機システムの高信頼化方式の研究、OSの性能評価等に従事。 NTTコミュニケーションズ株式会社にて同社公式Webサイトの開発・運用、 コンシューマ向け認証サービスの開発、高機密情報保管システムの開発等に従事。 現在、NTTアドバンステクノロジ株式会社にて企業向けセキュリティサービス・コンサルティングビジネスのグループを主管。 特定非営利活動法人 日本ネットワークセキュリティ協会 幹事。

担当科目

Presentations for Professionals

プロフィール

東北大学会計大学院 ビジネス・コミュニケーション教授
Doctor of Laws, Harvard University; 1991

担当科目

マスメディアとリスク管理

プロフィール

ジャーナリスト/KDDI総研リサーチフェロー
1985年東京大学物理学科卒業。同大学院理学系研究科を修了後、総合電機メー カーや出版社勤務を経て米国留学。1995年ボストン大学にて マスコミュニケー ション修士号取得。著書に「AIの衝撃 人工知能は人類の敵か」(講談社現代新書、2015年)、「クラウドからAIへ アップル、グーグル、フェイスブックの次なる主戦場」(朝日新書、2013年)など多数。

担当科目

セキュリティの法律実務

プロフィール

日本電信電話株式会社 セキュアプラットフォーム研究所 研究主任
慶應義塾大学法学部法律学科、同大学大学院政策・メディア研究科修了後、日本電信電話株式会社に入社。同社在職中に中央大学大学院法務研究科修了。法務博士(専門職)。
情報セキュリティ、個人情報保護、プライバシ保護の技術と法制度に関する研究開発に従事。
情報ネットワーク法学会元理事、デジタル・フォレンジック研究会幹事。

担当科目

計算代数

プロフィール

情報セキュリティ大学院大学 客員研究員
早稲田大学理工学研究科修士課程修了。化学メーカー、ITベンチャー企業勤務を経て情報セキュリティ大学院大学情報セキュリティ研究科入学。同修了。博士(情報学)。専門分野は代数曲線暗号。

担当科目

特設実習(Windowsセキュリティ)

プロフィール

ネットワークセキュリティコンサルタント
合同会社セキュリティ・プロフェッショナルズ・ネットワーク 代表社員
鹿児島大学理学部地学科卒業。システム開発、システム・ネットワーク管理を経て、セキュリティ監査や各種セキュリティコンサルティング業務に従事。
その後、中央大学における実践的セキュリティ人材育成に携わり、2008年、セキュリティ教育事業を行う合同会社を設立、現在に至る。