主な担当科目

情報セキュリティ特別研究、セキュア法制と情報倫理、個人識別とプライバシー保護

プロフィール

東京大学法学部卒業。日本電信電話公社(当時)入社後、NTTアメリカ社長(本社役員待遇)、Nextel(現Sprint-Nextel)社取締役などを歴任。慶應義塾大学メディア・コミュニケーション研究所教授を経て、2004年4月以降、情報セキュリティ大学院大学教授(この間、2009年4月より2012年3月まで同学長・教授)。2012年4月より博士後期課程学生を主に担当。経済学博士(京都大学)。博士(法学、慶應義塾大学)。

主な研究業績

  1. 『インフォミュニケーションの時代』中央公論社、1984年
  2. 『ネットワーキングの経済学』NTT出版、1989年
  3. 『ユニバーサル・サービス』(田川義博氏と共著)、中央公論社、1994年
  4. 『著作権の法と経済学』(編著)勁草書房、2004年
  5. 『情報メディア法』東京大学出版会、2005年
  6. 『進化するネットワーキング』(湯川抗・田川義博両氏と共著)NTT出版、2006年
  7. 『倫理と法-情報社会のリテラシー』(矢野直明氏と共著)産業図書、2008年
  8. 『引用する極意・引用される極意』(名和小太郎氏と共著)勁草書房、2009年
  9. 『セキュリティ経営』(田川義博・淺井達雄両氏と共著)勁草書房、2011年
  10. 『 情報法のリーガル・マインド』勁草書房、2017年

主な研究テーマ

  • インターネットの自由と規律
  • 技術標準、知的財産、メディアのあり方などをめぐる、法と経済学
  • 情報セキュリティ