主な担当科目

情報システム構成論、情報デバイス技術、情報セキュリティ特別研究、研究指導

担当コース

システムデザインコース、サイバーセキュリティとガバナンスコース

プロフィール

東京大学大学院工学系研究科電気工学専門課程修了。工学博士。東京大学にて計算機アーキテクチャ、並列処理、人工知能、分散処理、メディア処理などの教育・研究に従事。東京大学大学院情報理工学系研究科長を経て、2004年4月情報セキュリティ大学院大学情報セキュリティ研究科長・教授。2012年4月より同学長。情報処理学会功績賞、人工知能学会論文賞、ACM SIGGRAPH'99 Impact Paper Award、人工知能学会功績賞、東京都科学技術功労者表彰、経済産業大臣表彰など受賞。日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)会長、IEEE Life Fellow、情報処理学会名誉会員、人工知能学会名誉会員、東京大学名誉教授。

主な研究業績

  1. より安全なシステム構築のために~CC-Case_iによるセキュリティ要件の見える化、日本セキュリティマネジメント学会誌、2016年1月.
  2. ファイル構造検査による悪性MS文書ファイルの検知, 情報処理学会論文誌, 2014年5月,
  3. 悪性文書ファイルに埋め込まれたRATの検知法, 情報処理学会論文誌, 2014年2月.
  4. 多変量解析による標的型攻撃の分類, 情報処理学会論文誌, 2013年12月.
  5. 特徴データベースを用いない効率的な仮想マシンモニタ検出方式の提案, 情報処理学会論文誌, 2011年9月,
  6. 論理プログラミングを基礎とした認可ポリシ記述言語, 情報処理学会論文誌, 2010年9月.
  7. 機密情報共有に有用な情報フロー制御モデルの提案, 情報処理学会論文誌, 2010年2月.
  8. 効率的なセキュリティ要求分析手法の提案, 情報処理学会論文誌, 2009年10月.
  9. 定点観測によるボットネットの観測とMalwareの動作挙動解析システムの提案, 情報処理学会論文誌, 2008年4月.
  10. Parallel Inference Engine PIE, ohmsha, August 2000.
  11. 非ノイマン型コンピュータ, 電子情報通信学会, 1989年11月.

主な研究テーマ

情報社会を構成する様々な情報システムについて、セキュアなシステム構成法、信頼性高い構成法、利用者が長期に依存できる継続性の維持など、人々が安心して情報システムに頼った生活を営み、生き生きとした社会を作り上げるための諸技術の研究開発をテーマとしています。すなわち、OSや仮想マシン、クラウドコンピューティングなどのセキュアシステム基盤、セキュアなソフトウエア構成手法やアクセス制御方式などのセキュアシステム構築手法、侵入対策やマルウエア対策などのネットワークセキュリティ技術等の研究を行っています。