公開セミナー

■公開入門セミナー「数学的土壌の上に開花した現代暗号への誘い」

情報セキュリティ大学院大学(IISEC)では、暗号理論に興味のある皆様に向けて標記入門セミナーを開催いたします。講師にはIISECの教員のほかに横浜国立大学の根上生也先生と立教大学の木田祐司先生をお招きします。数学など情報科学以外を専攻されているかたにも暗号理論の基礎と最新のトピックスを理解していただける構成になっておりますので、暗号理論に興味のある皆様のご参加をお待ちしております。

期日 2005/4/24(日)
会場 情報セキュリティ大学院大学校舎 
  (横浜市神奈川区鶴屋町2-14-1 横浜駅きた西口より徒歩1分)
定員 80名(先着申込み順)
参加費 無料
プログラム(予定)
10:30〜11:15 「IT社会と現代暗号」 辻井重男 (IISEC)
11:15〜12:00 特別講演 「情報科学を生む数学」 根上生也 (横浜国立大学)
13:00〜13:45 特別講演 「素因数分解」 木田祐司 (立教大学)
13:50〜14:35 「代数曲線と楕円・超楕円暗号」 松尾和人 (IISEC)
14:40〜15:25 「多変数多項式暗号とイデアル・グレブナ基底」 辻井重男 (IISEC)
15:30〜16:15 「公開鍵暗号の安全性」 有田正剛 (IISEC)
16:20〜17:05 「ゼロ知識証明と暗号プロトコル」 土井洋 (IISEC)

このウィンドウを閉じる