シンポジウム

■情報セキュリティとフォレンジクス

主催 情報証拠論(フォレンジクス)研究会
日時 2006/2/4(土) 10:00〜17:30
場所 情報セキュリティ大学院大学校舎 303・304教室 
  (横浜市神奈川区鶴屋町2-14-1 横浜駅きた西口より徒歩1分)
定員 70名 ※先着順
参加費 無料
プログラム
10:00〜12:30 情報証拠論(フォレンジクス)研究会の中間報告
「成果と副産物」 情報セキュリティ大学院大学副学長・教授 林紘一郎
「犯罪と証拠:参審制を見据えて」 桐蔭横浜大学法学部教授 河合幹雄 氏
「ハイテク犯罪と捜査」 専修大学法学部専任講師 岡田好史 氏
「フォレンジック・ソフトの現状」 情報セキュリティ大学院大学助教授 内田勝也
「認証と証拠」 情報セキュリティ大学院大学教授 土井洋
「技術的な信頼性と証拠」 NTT情報流通プラットホーム研究所 藤村明子 氏
「電磁的記録の法的地位」 情報セキュリティ大学院大学助手 石井夏生利
12:30〜13:30 昼食休憩
情報セキュリティと法
13:30〜14:00 「最近の国際標準化の動向とわが国における議論」 情報セキュリティ大学院大学客員教授 苗村憲司
14:00〜14:30 「情報セキュリティの2つの文化」 情報セキュリティ大学院大学兼任講師 名和小太郎
14:30〜15:00 「情報セキュリティ法の機能と問題点」 英知法律事務所所長・弁護士 岡村久道 氏
15:00〜15:30 「情報セキュリティ法の体系化」 情報セキュリティ大学院大学副学長・教授 林紘一郎
16:00〜17:30 パネルディスカッション「情報セキュリティの技術と法」
司会:大野幸夫 明治大学法学部教授・情報セキュリティ大学院大学兼任講師
パネリスト:苗村憲司、名和小太郎、岡村久道 氏、林紘一郎

※終了後、パネリスト等による立食パーティー(参加費 1,000円)


■申込み方法

定員に達しましたので、締め切らせていただました。


■お問い合せ先

このウィンドウを閉じる