情報セキュリティ大学院大学
学長 教授 
田中 英彦

セキュアシステム研究所では、拡大・多様化するIT技術の恩恵を、多くの人々が安心して享受できるようなセキュアな社会を実現するため、様々な分野の専門家の協力を得て、セキュリティに関する研究活動を行っています。

研究所メンバーには、情報セキュリティに関する技術、経営、法律、倫理等のスペシャリストを、学界、実業界から招聘し、将来の社会インフラを支えるセキュアシステムに向けた研究開発を強く推進していきます。


所長
後藤 厚宏

メッセージ

客員研究員を代表してお二方からメッセージをいただきました。

岩井 博樹
デロイト トーマツ サイバーセキュリティ先端研究所
主任研究員

今や世界中でサイバー攻撃被害が相次いでおり、その被害は一個人から国家レベルまで様々です。 その影響範囲は国益にも影響をおよぼしつつあります。 このような状況に対抗するため、現在国内ではサイバーセキュリティの専門家の育成が急務となっています。 特にインシデント解析のジャンルは、攻撃者の手の内を知る上で重要な技術であるため大変注目されています。
今後、サイバー攻撃は世界中のサイバー攻撃者により個人~国家レベルまで益々増大することが予測されます。 これらの脅威に対し、一緒に戦っていける仲間を一人でも増やしていきたいと思います。

名和 利男
株式会社 サイバーディフェンス研究所
専務理事/上級分析官

今や情報セキュテリィは公共施策やビジネスにおいて必須のものとなっているにもかかわらず、急激かつ高度に変化する情報セキュリティの動 向をキャッチアップすることは並大抵のことではありません。 しかし、攻撃する側が機械ではなく人間であることに注目し、彼らの行動や置かれている状況を把握及び理解することにより、本質的な攻撃特性を見出すことが可能となります。
そこで、さまざまな環境下で情報セキリティにかかる対処能力を発揮することを求められる方々と、最近の事例の内情や対処の実態を積極的に共有及び議論させていただきながら、防御側全体の対処能力の向上を実現させていきたいと思っています。