企業向け集中コース「CSIRT構築に向けて」について

企業向け集中コース「CSIRT構築に向けて」は、CSIRTの基礎講座、およびCSIRT活動に必要な豊富な技術演習をセットで開講する企業研修コースです。今後、企業等のCSIRTでご活躍予定の方だけでなく、一般企業でITを統括されている部門のマネージャの方、社内ネットワークの運用管理部門の方、企業Webシステムの運用管理部門の方、特に、システムやセキュリティサービスの調達を担当されている方にも相応しい講義と演習を予定しています。

CT-5:実践サイバーレンジ演習 (3 days, 15 units) 2019年2月6日-2月8日開催分の受講者を募集中です。

サイバー攻撃に対応可能な実践的スキルを修得するための講義およびハンズオン演習を行います。初日は、演習環境についての講義や防御ツール・調査・分析ツールの解説および演習を、2日目と3日目はサイバーレンジ(TAME Range)を用いて、実例に基づく攻撃シナリオによるリアルな防御演習を行います。想定される受講者や講座の日程等、詳細はこちら(PDF: 285kb)をご覧ください。また、受講申込書はこちら(PDF: 47kb)よりダウンロードし、ご利用ください。

CT-1:CSIRT構築の手引きコース (2 days, 8 units) 2018年度の募集は終了しました。

企業組織などでインシデント対応を担う企業内CSIRTの基本的な役割と活動の考え方、企業を脅かす攻撃とその防御策について学ぶコースです。セキュリティインシデント対応の基本的なプロセス、および対応時に用いられる技術について、解説と演習を通して習得するほか、組織内でのインシデント対応組織(CSIRT)の立上げと運用、およびCSIRT連携の進め方についてケーススタディを通して学びます。また、現実に起きている攻撃手法のデモやWebサーバのログ解析演習を通して、サイバー攻撃によるインシデントの実例について学びます。

CT-2:ネットワークセキュリティ技術演習 (2 days, 8 units) 2018年度の募集は終了しました。

Webサーバ、メールサーバ等の設置・運用に際して必要となる基礎的なセキュリティ技術の習得を狙いとして、検査ツールを利用したサーバに対するポートスキャン検査演習と脆弱性検査演習を行うとともに、発見された脆弱性を是正するための対策演習を行い、結果を報告書にまとめる演習を実施します。

CT-3:Webアプリケーション検査演習 (2 days, 8 units) 2018年度の募集は終了しました。

Webサーバの構築や運用に必要となるWebアプリケーションセキュリティ検査の知識および技術を習得し、独力でWebアプリケーションセキュリティ検査を実施し、その結果に応じて必要な対処を提案できる基礎スキルを身につけることを狙いとします。具体的には、脆弱性を持つWebサーバが設置された環境を利用し、主要な検査項目の演習を集中して行うとともに、対策の提案を含む検査結果報告書をまとめる演習を実施します。

CT-4:デジタルフォレンジック演習 (3 days, 12 units) 2018年度の募集は終了しました。

インシデント発生後の対処に必要となるデジタルフォレンジック技術の基礎を習得することを狙いとします。具体的には、デジタルフォレンジックの基礎知識・技術の解説、Windows端末の解析で共通的に実施される基本的な作業に関する解説と実習、企業におけるインシデントを想定した本格的な解析演習を集中して行うとともに、結果を報告書にまとめる演習を実施します。
問い合わせ先

情報セキュリティ大学院大学セキュアシステム研究所事務局
〒221-0835 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-14-1
TEL : 045-410-0250
E-mail : ssl-info AT iisec . ac . jp