主な担当科目

担当コース

プロフィール

2006年、名古屋大学大学院環境学研究科社会環境学専攻、博士後期課程修了。博士(心理学)。2005年、独立行政法人交通安全環境研究所非常勤研究員、2006年より国立大学電気通信大学大学院情報システム学研究科助教。2009年ロンドン市立大学心理学科客員研究員。2013年よりJR東日本研究開発センター安全研究所研究員。研究テーマは安全行動を支援するシステム・仕組みの検討。日本心理学会、情報処理学会、日本応用心理学会等会員。ヒューマンインタフェース学会論文誌編集委員、自動車技術会ヒューマンファクター部門委員、計測自動制御学会マンマシンシステム部会委員等。

主な研究業績

  1. Inaba, M., Shirai, I., Kusukami, K., Haga, S. Development of interactive educational game about human error - In a case of developing a serious game to learn slips -P.Carvalho, P. Arezes (共編), Ergonomics and Human Factors in Safety Management, CRC PressChapter 12, 253―270, 2016年6月
  2. 清 雄一, 稲葉 緑,大須賀昭彦, 安心できるプライバシ指標の調査,情報処理学会論文誌, 56巻,1―14, 2015年
  3. Inaba, M., K. Tanaka, Risk presentation aimed at improving older drivers’ understanding of their problems via simulator-based education programs, SICE-JCMSI 5巻,326―334, 2012年
  4. Inaba, M., Individualistic attitudes toward attractive rewards in older people: an experimental study using ultimatum games, Japanese Psychological Research 57巻,91―102 2015年
  5. 稲葉 緑, 田中健次, 水害時の避難へのモチベーションに影響を及ぼす情報提示内容についての実験的検討, 災害情報 9巻, 127―136, 2011

主な研究テーマ

  • ヒューマンエラー
  • 効果的な安全教育および教育プログラム
  • リスク認知とリスク回避情報システム