博士後期課程 アドミッションポリシー

博士後期課程 アドミッションポリシー

情報科学技術は社会全体に大変大きなインパクトを与え、今後とも社会の中軸を支える重要な技術であると言えます。いまや情報ネットワークシステムは人類共有のインフラストラクチャとしてますます重要な社会的基盤となりつつあります。これにより、生活・経済活動におけるさまざまな利便性が向上する一方、システムの安全性や信頼性に対する脆弱性や情報そのものの暴露、漏洩、改ざんなどのリスクも増大しており、広い視点に立った情報セキュリティの重要性がますます高まっています。

本博士後期課程は、学際的な総合科学としての情報セキュリティを広く学んだ素養をベースに、各専門分野それ自身の高度な研究を通して、分野の発展を担う全般にわたる広い視野と見識を深めながら、その中の特定領域における高度に専門的な研究を通じ、ドラスティックな変化を続ける高度情報社会についてのあるべき方向性を示唆しうる理論・システム体系を構築できる研究者と、研究指導者等を育成し、修了後は、広い視野と見識に立って、情報セキュリティに関する潜在的な問題の萌芽を発見し解決していくとともに、今後のあるべき方向性を示し、この分野を切り開いてゆける人材を輩出することを目的としています。

入学者選抜にあたっては、入学後の研究を推進していくうえで必要な基礎学力・研究能力はもちろんのこと、情報社会に対する倫理観と問題意識、そして、真摯な態度で研究に臨む積極性や主体性を重視いたします。さまざまなバックグラウンドを持つ仲間と切磋琢磨しながら、自己実現と社会貢献を目指す方々の入学を希望しています。