大学概要

明日の信頼を創る
情報セキュリティ人材を育成します

現在は、情報の時代です。種々の情報が世界を行き交い、それを使った様々なビジネスや活動が行われています。一方で、この数年、特定の企業・組織を狙った標的型攻撃や、フィッシング、情報の漏えい、国間のサイバー攻撃など、様々な情報セキュリティ問題が社会を賑わしており、これらの解決無しに情報の世界の発展は困難です。

これに対処するには、情報セキュリティ技術者・管理者、対応実務専門家、研究者など多くの情報セキュリティ人材が必要です。国家的課題にもなっており、多くの優れた人材が求められております。しかし、我が国では、情報一般の専門家は多いとはいえ、情報セキュリティのしっかりした基礎を備えた人材は非常に限られているのが現状です。

本学は、2004年開学し、新しい学問の体系化と専門家の育成を旗印に、情報セキュリティ専門の大学院大学として教育と研究に携わってきました。その結果、暗号、ネットワーク、システム技術、それを使いこなす管理、そして法制や倫理などを包含する体系が出来上がっております。これは世界的にみても優れたカリキュラムだと自負しておりますが、情報セキュリティの変化に応じ、日々様々な改良をおこなっております。

この間、文部科学省から「研究と実務融合による高度情報セキュリティ人材育成プログラム(ISSスクエア)」や、「分野・地域を超えた実践的情報教育協働ネットワーク(enPiT)」の助成を頂いて、専門知識と実務能力を兼ね備えるためのプログラムを強化し、また、多くの企業と密な連携を構築して定期的に情報セキュリティの公開ワークショップを開くなど社会との連携に努めております。

2014年度までに、修士269名、博士28名の修了生が巣立ちました。これらの同窓生は、情報セキュリティ分野の強力なネットワークとして機能し始めております。従来から社会人の学生が多く、それはこの大学院教育の特徴でもありますが、留学生も増え、今後益々国際性を強めることになると思われます。これからも、様々な分野の意欲的な学生が多数集まり、本学が情報セキュリティ分野の梁山泊となることを期待しております。

学長

ページの先頭へ
Copyright © INSTITUTE of INFORMATION SECURITY. All rights Reserved.