主な担当科目

数論基礎、暗号・認証と社会制度、暗号理論、研究指導、情報セキュリティ特別研究

担当コース

数理科学コース、サイバーセキュリティとガバナンスコース

プロフィール

京都大学大学院理学研究科数学専攻修了、中央大学大学院理工学研究科情報工学専攻修了。博士(工学)。日本電気株式会社インターネットシステム研究所主任研究員を経て、2004年4月情報セキュリティ大学院大学教授に就任。

主な研究業績

  1. Seiko Arita, Shota Nakasato, Fully Homomorphic Encryption For Point Numbers, preprint.
  2. Hiroaki Anada, Seiko Arita, Kouichi Sakurai, Attribute-Based Two-Tier Signatures: Definition and Construction, ICISC2015, Seoul, Korea, Nov. 2015.
  3. Seiko Arita, Sari Handa, Two Applications of Multilinear Maps: Group Key Exchange and Witness Encryption, ASIAPKC 2014, pp.13-22, June 2014.

主な研究テーマ

    主な研究対象領域は:
  • 楕円曲線暗号、格子暗号、イデアル格子暗号など暗号プリミティブ
  • 鍵共有、コミットメント、ゼロ知識証明など暗号プロトコル
  • 閾値復号、関数型暗号、完全準同型暗号など高機能暗号